読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮内自動車 稲敷市でオイル交換

自動車のオイル交換について書いているブログです

レクサス USF40 LS460 ATF交換圧送式 加走行 33万キロ NUTEC NC-65 SOD-1

レクサス

 

茨城県那珂市から来ていただいた

 

レクサス USF40 LS460

 

走行距離 12.5万キロ

 

 

LEXUS

ATF交換

 

まずはオイルパンを外し清掃

 

ストレーナは交換です

 

毎回必ずと言っていいほど聞かれますが

 

この作業はあくまでもオプションで施工するのは希望者のみです

 

どの車種も必ずやるわけではありませんが

 

たまたま希望する方が多いだけなのです

 

 

茨城県

千葉県

 

LS460はATFの量が多いのですがそれでも

 

車体が重いのと純正フルードが弱いせいで

 

すぐに真っ黒になっちゃいますね

 

あんなにでかい車体でなんでこんなに弱いフルードを使っているのかが

 

ものすごく不思議です

 

埼玉県

神奈川県

東京都

 

 

ATF全容量を一気に圧送式にて交換しました

 

ケチって何度も小分けするより 

 

一気に入れ替えたほうがきれいになりますね

 

このまま新油を使用しAT内部をクリーニングしまして

 

 

都内

 

体感できる高性能オイル

 

ニューテック NC-65へと

 

入れ替えていきます

 

このフルードは 大型で大排気量の車両に適していますが

 

排気量の小さい車両に入れても違いが体感できると思います

 

変速ショックや違和感 があるならこのフルードが一番いいかもしれないなと

 

最近思っています 単価が高いんですが・・・

 

 

ではでは 高性能フルードへと入れ替えていきましょう

 

 

 

23区

群馬県

栃木県

関東

福島県

 

交換前と比べてしまうとかなりの違いが出ますね

 

フルードのレベル量を調整するために

 

いったん冷却させなければいけませんので

 

強制的に冷却をさせるんですが

 

その間に

 

 

宮城県

岩手県

秋田県

青森県

東北

 

 

スパークプラグの交換と スロットルバルブの清掃です

 

あと少しなのに抜きずらいとかプラグ交換でよくある話

 

そしてスロットルバルブの清掃

 

電子スロットルバルブは汚れるとアイドリングが不安定に

 

なってしますので 定期的に掃除することでアイドリングを

 

安定させます

 

 

 

 

静岡県

 

 

東京都練馬区から来ていただいた

 

レクサス USF40 LS460 タクシーです

 

 

 

山梨県

 

 

走行距離は33万Km

 

営業車は走りますね

 

 

 

新潟県

トルコン太郎設置店

 

 

さすが過走行車! ガスケットがはがれずに苦戦しました

 

走行距離が多いとゴム類が劣化して固くなりますね

 

 

 

f:id:miyauchi-bp:20170504203152j:plain

f:id:miyauchi-bp:20170504203157j:plain

 

 

 

チェンジャーと接続しましたが

 

まっくろくろすけですな

 

一体何リッター使用すればきれいになるんだろう??

 

ということで行ってみましょう

 

 

 

f:id:miyauchi-bp:20170504204255j:plain

f:id:miyauchi-bp:20170504204302j:plain

f:id:miyauchi-bp:20170504204311j:plain

f:id:miyauchi-bp:20170504204317j:plain

 

 

 

ストレーナ交換時補充分

 

プラス

 

全容量圧送式交換でも

 

真っ黒なまま・・・

 

ATクリーニングののち もう一度行きましょう

 

 

 

 

f:id:miyauchi-bp:20170504205536j:plain

f:id:miyauchi-bp:20170504205543j:plain

f:id:miyauchi-bp:20170504205551j:plain

f:id:miyauchi-bp:20170504205559j:plain

 

 

一気に全容量交換2回目

 

これでやっと フィルターが見えましたが

 

まだまだ 黒味がありますので

 

2度目のクリーニングをしたらもう一度

 

交換していきます

 

 

 

f:id:miyauchi-bp:20170504210301j:plain

f:id:miyauchi-bp:20170504210310j:plain

f:id:miyauchi-bp:20170504210316j:plain

f:id:miyauchi-bp:20170504210323j:plain

 

 

やっとここまできれいにすることが出来ました

 

使用した量は ペール缶2本です

 

大量に使いましたね

 

 

f:id:miyauchi-bp:20170504215427j:plain

 

 

添加剤はレベル調整後に入れたんですが

 

最近は加走行車にお勧めしている添加剤です

 

SOD-1 

 

走行しながらトルコン太郎でもクリーニングしきれなかった

 

汚れを走りながら洗浄してくれます

 

効果はそのほかにもありますのでおススメですよ

 

そしてゲージ無し車両に入れるのは大変

 

簡単に入れる方法はないかな??

 

 

f:id:miyauchi-bp:20170504221326j:plain

f:id:miyauchi-bp:20170504221334j:plain

f:id:miyauchi-bp:20170504221341j:plain

 

 

デフオイルも交換

 

走行距離が距離だけに鉄粉がすごい

 

 

f:id:miyauchi-bp:20170504221431j:plain

f:id:miyauchi-bp:20170504221435j:plain

 

スロットルバルブも真っ黒だと

 

きれいにするのが大変

 

定期的に清掃しないとだめですね

 

 

f:id:miyauchi-bp:20170504222034j:plain

 

 

エンジン ミッションが 十分冷めたら

 

コンピューター診断機を活用し

 

ATFのフルード量を調整していきます

 

 

 

 これから暑くなっていくので、この冷ますまでの

 

時間が少しずつ伸びていくかもしれませんが

 

昨年よりは早く冷えるように

 

強制冷却する方法を変更しましたので

 

少しでも時短出来ればいいなと思っています

 

 

miyauchi-oil.hatenadiary.com

 

トヨタ GRS180 クラウン ATF交換圧送式 SOD-1

 

トヨタ

 

茨城県小美玉市から来ていただいた

 

GRS180 クラウンです

 

走行距離は8万キロ

 

 

ゼロクラウン

 

8万キロでこの黒さ

 

走り方によるかもしれませんが

 

このトヨタ純正フルード

 

おそらく性能的に耐えられないんだと思っています

 

WSという規格になってからミッショントラブルが

 

以前の規格より増えていますね

 

この型以降のクラウンを交換させていただくことが

 

多いので気が付いたことなんですがやはり

 

無交換はありえないですね

 

 

ということで 一気に全容量を

 

入れ替えていきます

 

トルコン太郎設置店

ATF圧送式交換

スキャンツール

コンピューター診断機

 

まだ黒いです

 

8万キロでも全容量1回ではきれいになりませんね

 

ATF新油を使用してのクリーニング

 

量は使うけど一番安全な方法です

 

ではもう一度 交換していきます

 

ATクリーニング

純正

WS

フラッシング

無交換

 

ここまできれいになりました

 

今回使用したフルードは

 

純正同等フルードですが

 

 

 

ゲージ無し

 

添加剤には SOD-1 を注入

 

レベルゲージ無しの車両に入れるだけで大変

 

走行が多くなってきた車両や 違和感 ショックが

 

ある車両にお勧めしている添加剤です

 

これを入れれば直るとまではいきませんが

 

いまのところ結構いい感じなのでおすすめはしています

 

 

 

 

 

 

岩手県

 

岩手県宮古市から来ていただいた

 

GRS180 クラウンです

 

走行距離は12万キロ

 

作業内容が多かったのでちょっと長くなります

 

 

 

宮城県

秋田県

福島県

 

 

まずはデフオイルの交換

 

あまりにも交換していないをこんなにも

 

大量の鉄粉が出ます

 

無交換というわけにはいきませんよー

 

 

 

東北

 

 

茨城県

千葉県

埼玉県

東京都

都内

 

 

オイルパンを取り外し沈殿していた鉄粉をきれいにして

 

オイルストレーナを新品に交換です

 

 

 

23区

神奈川県

 

 

オイルチェンジャートルコン太郎と接続します

 

抜いた分は新油なんですがまだまだ真っ黒ですね

 

では 一気に全容量を交換します

 

 

 

群馬県

栃木県

関東

静岡県

 

高効率の圧送式で全容量を交換しても

 

まだ黒味があります

 

新油を使用してのクリーニングをしましたら

 

もう一度 全容量を交換していきますね

 

 

山梨県

変速ショック

違和感

変速異常

 

 

ここまできれいにすることが出来ました

 

今まで入っていた汚れたフルードと比べると

 

かなりの違いが判ると思います

 

 

エンジン ミッションを冷ましながら

 

別の作業をしていきます

 

 

 

エンジンオイル

ワコーズ EXクルーズ

 

エンジンオイル オイルエレメントの交換

 

中身だけなのにカップ式より高いのはなぜだろう??

 

 

 

エアコン

フィルター

 

エアコンフィルターの交換です

 

結構汚れてました

 

エアコンを使うと必ずこのフィルターを通過するので

 

定期的に交換しましょうね

 

 

オイルエレメント

 

エアーエレメント交換

 

うーん いつから交換してなかったんだろう

 

こっちも真っ黒ですな

 

 

 

 

バッテリーテスター

 

バッテリーテスターでの診断

 

今のバッテリーは性能が良すぎて

 

バッテリー寿命がなくても 充電さえあれば

 

エンジンはかかってしまいますが

 

どちらもなくなると充電すらできなくなるので

 

突然エンジンがかからくなるという困った症状が起こります

 

こういったテスターで定期的に検査することが重要になってきていると

 

つくづく思ったことが何度もあるので導入しました

 

って結構前からちょくちょく載せている気がする

 

 

 

エアコンリフレッシュ

エコマックス

 

続いては エアコンリフレッシュ

 

クーラーガスを一旦回収し

 

ガスをクリーニングしてから

 

新しいコンプレッサーオイルとともに

 

重量管理で設定した量を車両へ戻します

 

車両側も真空引きしてエアコンシステム内部の

 

水分をしっかり飛ばします

 

 

 

 

ブレーキオイル

フルード

圧送式

 

ブレーキフルードも交換します

 

意外とボンネットを開けると

 

ブレーキフルードが汚れていることが多い

 

交換してもそんなに早く汚れるのかな?

 

水分を吸いやすいとか?

 

なぜだろー

 

 

 

スキャンツール

 

 

エンジン ミッションを 強制的に冷却しないと

 

日帰りでの施工が完了しないので

 

いろいろ試しているんですが

 

いまのところ去年よりは早く冷えているので

 

これから暑くなってどうかなーといったところ

 

 

しっかり 温度管理でのフルード量調整

 

をしましたら

 

 

 

SOS-1

 

こちらの車両も オイルメンテナンス剤

 

SOD-1 プラス を投入です

 

レベルゲージ無し車両に入れるのが大変なんですが

 

変速ショックやジャダーに強い添加剤で

 

フラッシング コーティングの効果もあるので

 

金額はお高いですが おススメしている添加剤です

 

 

 

ここ最近ブログの更新が止まっていたんですが

 

理由は 今年に入り2連チャンで

 

ぎっくり腰をしてしまい パソコンに向かいことが

 

出来ずに更新作業ができませんでした

 

まだ痛いんですが 無理しない程度に更新していこうと思います

 

 

 

miyauchi-oil.hatenadiary.com

スバル レガシィ ATF CVTF交換圧送式 NUTEC NC-65 SOD-1

スバル

 

茨城県土浦市から来ていただいた

 

スバル BPE レガシィ

 

走行距離9.5万キロ

 

ATF交換圧送式

デフオイル交換です

 

 

レガシィツーリングワゴン

トルコン太郎 設置店

 

 

早速 高性能オイルチェンジャー

 

トルコン太郎と接続し ATF交換及び

 

AT内部洗浄をしていきます

 

 

コンタミ

クリーニング

洗浄

圧送式

 

 

全容量を一気に交換することで汚れているATFを

 

排出し 新しいATFと入れ替えました

 

この状態でしばらく循環させ浮かび上がらせた

 

汚れをトルコン太郎で取っていきます

 

 

茨城県

 

フィルターが見えるくらいの透明度になりましたので

 

フルードのグレードを上げ

 

体感できる高性能フルード

 

NC-65へと 入れ替えていきます

 

もちろん全容量を一気に交換していきますよ

 

 

千葉県

東京都

都内

23区

 

 

全容量を入れ替えるのでフルードの量は

 

かなり使いますが ここまできれい

 

入れ替えることが出来ました

 

 

埼玉県

 

この車両はATフィルターがついていたので

 

交換していましたが 交換しずらいとこについてるなーと

 

いつも思う

 

 

神奈川県

群馬県

栃木県

 

 

フロント リヤデフともに

 

ニューテック ZZ-31 を使用です

 

 

 

 

 

関東

 

千葉県柏市から来ていただいた

 

BR9 レガシィ

 

CVTF交換圧送式です

 

 

 

リニアトロニック

 

リニアトロニックCVTは フルードが特殊なため

 

金額が高い!! そして使用量がすごく多い!!

 

さらに レベルゲージはもちろんありません

 

ということは 全体の金額がとても高いです

 

 

なげいていても始まらないので 

 

全容量 圧送式交換 行ってみましょう!

 

 

CVTフルード

オイル交換

ATF交換

フィルター

エレメント

 

全容量を 1回交換しました

 

まだ少し濁っていますが フィルターも見えていますので

 

金額の問題で この辺で終わりにしました

 

 

レベルゲージなし

 

レベルゲージがない車両ですので

 

いったんミッションを強制的に冷却し

 

診断機を使いながら レベル調整をしていきます

 

とても時間のかかる作業ですが

 

しっかりとやっていきます

 

 

 

 

福島県

 

 

 埼玉県草加市から来ていただいた

 

BP5 レガシィ

 

ATF圧送式交換です

 

走行距離 17万キロ

 

 

 

山形県

岩手県

 

真っ黒です

 

ではでは 一気に交換していきましょう

 

 

秋田県

宮城県

秋田県

 

全容量を一気に交換していきました

 

そのままを新油を利用しAT内部をクリーニング

 

していきます

 

 

ニューテックオイル

 

ちょっとまだ黒味がありますが

 

ニューテック NC-65へと 

 

交換していきます

 

 

体感

高性能

変速ショック

違和感

劣化

 

スバル車は 使用している ATFの量が多いので

 

何とかここまでの透明感まですることが出来ました

 

 

それはさておき 交換中 変な音と煙が~~

 

 

 

異音

 

 

テンショナーがこんなことに

 

 

プーリーロック

 

 

これ、たまたま交換中にプーリーがロックしたからすぐンエンジンを止めて

 

部品を外せたからよかったけど 走行中だったらどうなっていたことか・・・

 

とりあえず コンプレッサーが回らないだけで走行は可能だったので

 

地元に帰ってから直してもらうことになり

 

作業は続行しました

 

 

デフオイル

ギアオイル交換

 

フロント リヤデフオイルも交換しました

 

その時に発見したのが 

 

フロントデフのオイルにじみ

 

 

 

SOD-1

オイル添加剤

 

デフにも入れられる添加剤 SOD-1を投入

 

洗浄しながら 漏れ止めもしてくれる

 

とても便利なやつです

 

 

 

ATフィルター

 

そうそう ATフィルターも交換しました

 

 

 

 

アウトバック

 

神奈川県横浜市から来ていただいた

 

BS9 レガシィアウトバック

 

走行距離は 2万キロ

 

たった2万キロでも交換するの?

 

と思う方もいるでしょうが

 

エンジンも ミッションも 

 

初期摩耗は必ず起こるので

 

低走行のうちにオイル フルード類は

 

交換したほうがいいと思っています

 

 

 

CVTF圧送式交換

 

 

さっそく オイルチェンジャー トルコン太郎と

 

接続しCVTFを全容量交換していきますね

 

 

 

 

NC-65

 

 

そこまで汚れていなさそうだったので

 

ニューテック NC-65へと 一気に全容量

 

交換していきます

 

NC-65はリニアトロニック対応ですので

 

スバル車の方もフルードのランクを上げることが可能です

 

その分金額はかかりますが

 

 

富士重工

 

 

ものすごく きれいになりました

 

やはり低走行のうちに

 

交換していけば使用量が少なくて済みそうです

 

それでも スバルCVTは フルード量がすごく多いので

 

全容量を交換しようとすると高額にはなってしまいます

 

 

エアコンリフレッシュ

エアコンクリーニング

 

 

エアコンも リフレッシュさせていきます

 

エアコンガスを全容量引き抜き

 

ガスをクリーニング後

 

コンプレッサーオイル ニューテックNC-200

 

とともにエアコンシステムへ重量管理にて入れていきます

 

これをやれば壊れないというわけではありませんが

 

早期にやれば コンプレッサーの故障予防にもなりますし

 

エアコンにも優しくなると思います

 

 

診断機

 

この車両も もちろんゲージはありません

 

強制冷却し フルードの量を

 

調整していきます

 

 

 

この調整が時間がかかり大変です

 

先日 レベルゲージのない車両で

 

他社でフルード交換したんだけど量だけ

 

調整してほしいと電話がありましたが・・・

 

どんな方法で交換したかわからない

 

どんなフルードを入れたかわからない

 

さすがにその状態だとどうにもできないのですが

 

おそらく調整だけだから安くできるだろうと

 

思って 問い合わせをしてきたと思います

 

その調整こそが時間がかかって大変なんですよね

 

なかなか伝わらないけど

 

 

その場合は作業した工場へ行って調整してねと言ったほうが

 

早いと思うんですよね

 

 

抜いた分入れれば大丈夫という工場では

 

そもそも頼むことが間違っていると思ったほうがいいですよ

 

 

 

miyauchi-oil.hatenadiary.com

 


茨城県稲敷市結佐103-1
 宮内自動車


miyauchi.bp@gmail.com

営業日 月~土 9:00~18:00
定休日 日曜・祭日