宮内自動車 稲敷市でオイル交換

自動車のオイル交換について書いているブログです

トルコン太郎でATF圧送交換

トルコン太郎で圧送交換をするために


どうしているのか と言うのを書いていきますね

 

f:id:miyauchi-bp:20150725145218j:plain

 


まずはボンネットを開けまして


上から見ていきます

 

f:id:miyauchi-bp:20150725145503j:plain

f:id:miyauchi-bp:20150725145511j:plain

 

エンジンとラジエータの間をのぞいて下さい

 

矢印をつけましたが見えますか?


ラジエータからホースが2本見えているのが

 

f:id:miyauchi-bp:20150725145555j:plain

f:id:miyauchi-bp:20150725145559j:plain

 

次は下から撮影


このようにラジエータからパイプが出ていて


そこにホースが取り付けられています

 


本当は実物で説明するのがいいんですけど


全体像がよく分からないので


こんな感じにしてみました

 

 

f:id:miyauchi-bp:20150725145617j:plain

 

えっと この一斗缶をミッションだと思ってください

 

手前のパイプはラジエータの中に実際に入っている


クーラーパイプです

 

 

f:id:miyauchi-bp:20150725145644j:plain

 

この穴に冷却水 クーラントが流れていて


ATF CVTオイルを一定の温度にしています

 

f:id:miyauchi-bp:20150725145708j:plain

 

この2本を使って

 

f:id:miyauchi-bp:20150725145733j:plain

 

ラジエータに刺さっているホースを抜き


先ほどの2本のホースをつなぎ

 

f:id:miyauchi-bp:20150725145804j:plain

 

f:id:miyauchi-bp:20150725145828j:plain

 

トルコン太郎と接続します

 

f:id:miyauchi-bp:20150725145944j:plain

 

ここにも矢印を置きましたが


このようにオイルが流れてオイルをまわします

 

 

f:id:miyauchi-bp:20150725150025j:plain

 


接続が終わったら ここでエンジンをかけ 


ミッションのオイルポンプを使いオイルをまわしているので


ミッションの負担がないんです

 

f:id:miyauchi-bp:20150725150037j:plain

 


実際に車両とつなげると中央にある


クリーナーモニターへ


ミッションの中で作動しているオイルが回ってきます

 

このときに中のフィルターを通りミッションへ帰っていくので


オイルの中に入っている汚れを取るわけです

 

 

f:id:miyauchi-bp:20150725150055j:plain

 

オイル交換の時にはまずこの廃油モニターから


汚れているオイルの抜き取りが見えます

 

f:id:miyauchi-bp:20150725150135j:plain

 

次に新油モニターから新しいオイルがミッションへ入っていきます

 

ペール缶から新油を送るときもフィルターを通して送っているので


ゴミや異物の進入を防ぐことが出来ますので安心してください

 


このように少し手間隙がかかるのでレベルゲージからの


循環式交換と違いどうしても時間がかかってしまうのが難点です

 

最短で2時間はかかるため予約制にしています


代車がありますのでずっと見ていなくても大丈夫ですよ

 

 

どこでもお断わりされる走行距離や車両でも十分


交換が出来る可能性はあります

 

まずはお気軽に連絡してくださいね

 

 

miyauchi-oil.hatenadiary.com


茨城県稲敷市結佐103-1
 宮内自動車
営業日 月~土 9:00~18:00
定休日 日曜・祭日