宮内自動車 稲敷市でオイル交換

自動車のオイル交換について書いているブログです

ATF CVTF 不具合 故障について 後編

変速ショック 

シフト・セレクトショック 

滑り

 

 

フルードが劣化してくると

 

油膜が薄くなる

 

薄くなった油膜では保護が出来なくなるので摩耗が激しくなる

 

限界を超えると突然 ショックや滑りが出る

 

ショック 滑りが出る理由はこんな感じです

 

そして

 

摩耗し 損傷してしまったクラッチディスク

 

金属ベルトは回復できない

 

 

 

フルード交換では直りませんが

 

フルード交換が原因ではショック 滑りは発生しない

 

 

コンピューター診断機では何も出ませんよ 

 

センサーもついていないので

 

 

 

 

 

変速不良

 

3速固定や ロックアップしない について

 

圧力ソレノイドバルブの故障です

 

圧力を検知し電気的に変速をしているバルブですが

 

 

変速時に負荷をかけるとソレノイドバルブ内の圧力弁に

 

かなりの負担がかかります

 

その状態が何度も続くと突然壊れます

 

 

いまのところ 事前にこのバルブを調べる手段がありません

 

動いている場合は 正常

 

動かなくなったら 異常(故障) です

 

 

高負荷により限界が来たら突然壊れます

 

前ぶれはありません ほんとに突然壊れます

 

 

 そもそも 高負荷の原因ですが

 

急発進 急加速 などです

 

それとやはり フルードの劣化が

 

バルブの寿命を縮めているんだと思います

 

ソレノイドバルブは電気で動いてますので

 

診断機でエラーコードを検知します

 

そしてこちらも フルード交換では直りません

 

その代わり 交換したことで壊れることもありません

 

 

フルード交換しないままで走行したことにより摩耗し

 

負荷をかけたことが原因なので予防としては

 

低走行のうちに交換し

 

その後は 定期的に交換しましょう

 

 

 

miyauchi-oil.hatenadiary.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでかなりの台数のATF CVTFの交換をさせていただきました

 

それと同時に ミッションの不具合の相談もさせていただきました

 

その中で不具合のある車には共通点がありました

 

不具合 故障の相談をしている車両のすべてに当てはまることでした

 

 

それはですね 

 

 

インチアップ

 

車高ダウン

 

です

 

 

インチアップにより タイヤ・ホイールの

 

外周 や 幅 などが大きくなることで

 

発進時 変速時など 走行中のすべてにおいて

 

ノーマル純正タイヤとは比べ物にならない高負荷により

 

倍速で劣化することで ミッションにダメージを与え

 

滑り ショック 変速不良などを与えるものだと思います

 

 

 

このことから インチアップするのであれば

 

高負荷に耐えることができる ATF CVTFへ

 

入れ替えれば もしかしたら 防げるかもしれません

 

高性能な添加剤もありますので交換の際には相談してください

 

 

 

特に中古車で購入した場合

 

ノーマルタイヤに戻されていたとしても

 

売却前はインチアップし車高を下げ

 

急発進 急加速を繰り返していたのだとしたら

 

高年式 低走行でも ミッションにダメージを与え

 

購入後すぐにフルード交換しても不具合が出る可能性はあります

 

 

 

 なお このページに書いたことは

 

推測によるものも含まれます

 

書いたのち気が付いたことがあれば

 

追加 修正していきます

 

 

 

 

 

miyauchi-oil.hatenadiary.com

ATF CVTF 不具合 故障について 前編

 

 

あまり書いているブログ記事がないので書いてみようと思います。

 

 

 

 

ATF CVTFは走行距離 年数劣化 酸化劣化 熱劣化

 

などにより 確実に劣化していきます。

 

エンジンオイルと同じです

 

劣化しないものなど存在すらしません

 

 

 

 

ATF CVTFは交換したほうがいい

 

ATF CVTFはあくまでも消耗品です

 

エンジンオイルと同様に交換しないと劣化して

 

悪影響しか与えないです

 

それではなぜエンジンオイルは交換するのに

 

ATF CVTFはあまり交換を推奨しないのでしょうか??

 

それは間違った交換方法や適合外のフルードを使用したことによる

 

ミッションの故障事例があったため

 

交換すると 壊れるといううわさが広まったと思われます

 

昔は コンタミ スラッジ ゴミなどをうまく除去できませんでしたが

 

今は 性能の良いオイルチェンジャーがありますので

 

交換は可能となっています

 

 

フルードの量を量るレベルゲージがない車両にされてしまったため

 

さらにフルード劣化の確認 交換ができないように

 

されてしまったのも原因ですね

 

 

 

 

ATF CVTFは必ず劣化する

 

本来であれば新車で購入後

 

走行距離があまり走っていないうちに

(2万キロくらいまでに)

 

全容量を交換してくれると

 

その後 10万キロまで走った時の

 

ミッション自体のダメージが少なくて済みます

 

金属が動いていますので体感できなくても

 

見た目には見えなくても 金属摩耗は必ず起こり

 

その摩耗で発生する スラッジが後々 悪影響を与えてくるのです

 

 まだ問題なく走っているから大丈夫 ではなく

 

問題なく走っているうちに交換していただきたいです

 

ショックや違和感が起きてからでは遅いのです

 

 

 

 

 ATF CVTFは交換しないと必ず故障します

 

 走れば走るほどにフルードは劣化していき

 

その劣化したフルードのまま走行していると

 

ミッション本体がダメージを追ってしまいます

 

フルードの劣化までならATF CVTF交換で元に戻りますが

 

ミッション自体のダメージは フルード交換では直りません

 

 

 

 

ATF CVTF交換でも直らない

 

ミッション自体に何らかの不具合がある場合には

 

フルードの交換では直りません

 

ATF CVTF交換で改善するものは

 

あくまでも フルードの劣化までです

 

ひどい変速ショックやシフトショック

 

変速不良は内部の故障でフルード交換では直せません

 

 

 

 

変速ショック 変速不良は 劣化が原因

 

変速ショック 変速不良は故障している場所が違いますが

 

ともに原因はフルードの劣化が原因です

 

体感できる違和感があるということはフルードの劣化がかなり進んでいて

 

その劣化が原因でミッション自体に問題が起きている場合が多いです

 

 

 

変速ショック シフト・セレクトショック 滑り

 

ATでは クラッチディスク

CVTでは 金属ベルト

 

フルードが劣化したまま走行したことにより

 

摩耗してしまうと いきなりショックや滑りが発生します

 

ある一定ラインより摩耗してしまうと

 

変速に耐えられなくなり突然ショックが出たり 滑りが発生したりします

 

クラッチディスク 金属ベルトにはセンサーがついていないため

 

不具合が起きても診断機では何も異常は検知しません

 

ミッション本体を交換することになると思います

 

 

 

 

変速不良

 

3速固定や ロックアップしない

 

などの原因は ミッション内部にある

 

圧力ソレノイドバルブかバルブボディが

 

原因の場合が多いようです

 

ミッション内部の油圧を検知する圧力センサーが

 

壊れたことによる不具合です

 

この場合はセンサーがありますので

 

診断機でエラーコードを拾います

 

ソレノイドバルブを交換するにはオイルパンを外さないと

 

交換できないです

 

 

 

 

ATF交換 CVTF交換 では壊れない

 

よくATF交換 CVTF交換すると壊れませんか?

 

という質問をされますが

 

壊れません

 

しかしその反面

 

直りません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長くなりすぎるため 

 

後半へ続く

 

もう少し詳しく書いてみます

 

 

miyauchi-oil.hatenadiary.com

 

 

レクサス UVF46 LS600hl ATF交換 11.5万キロ  WAKO'S P-S

LEXUS

 

埼玉県草加市から来ていただいた

 

LEXUS UVF46 LS600hl

 

走行距離は 11.5万キロです

 

 

レクサス

 

たまにはこんな写真も

 

ドレンから抜いている写真です

 

 

ハイブリッド

LS600hl

茨城県

 

 

ストレーナを交換するのと

 

オイルパンをきれいにしていきます

 

千葉県

東京都

都内

 

白いウエスが真っ黒になるくらい汚れていましたよ

 

そして新品ストレーナを取り付けました

 

 

23区

 

オイルチェンジャー トルコン太郎を接続しまして

 

まずは純正同等フルードにて交換していきます

 

いきなりハイグレードのフルードを入れても

 

汚れるだけなので まずは 安価な純正同等フルードにて

 

AT内部をクリーニングしていきます

 

 

神奈川県

埼玉県

群馬県

 

全容量分を使用し交換しました

 

オイルパン清掃時と合わせて

 

結構な量を使っているので

 

きれいになってもらわないと

 

 

栃木県

 

 

きれいになったら

 

WAKO’S ATF

 

プレミアムS へと入れ替えていきます

 

関東

福島県

秋田県

岩手県

 

最終的にここまできれいになりました

 

交換前と比べるとかなり違いますね

 

 

山形県

静岡県

山梨県

長野県

 

エンジンオイル 

 

8Lを超える量が出てきました

 

すごい量ですねー

 

エレメントを外すと必ずアンダーカバーにオイルが

 

垂れるんですが あと少しずらしてくれれば 

 

すんなり落ちると思うんだけどな

 

 

ATF交換

ワコーズ

 

リヤデフオイル交換

 

 

WAKO'S

プレミアムS

リヤデフ

フロントデフ

 

HVは4WDなので 

 

フロントにもデフがあります

 

アンダーカバーを外さないとたどり着かない

 

そしてカバーを外してから

 

エレメントを交換すればよかったと気づく・・・

 

 

トランスファー

センターデフ

 

トランスファーオイルも交換です

 

4WDはたくさん装置がついているので

 

交換するのも大変

 

 

レベルゲージなし

 

 

もちろん LS600hには

 

ATFの量を量る レベルゲージはありません

 

最後に診断機を使用しながらレベル調整をしていきます

 

一度 エンジン・ミッションを冷却するので

 

時間はかかります

 

早く 安くを売りにしている訳ではないので

 

ここはしっかりと調整します

 

 

 

足回り異音の修理もしましたので

 

その時の記事はこちらです

blog.livedoor.jp

 

外装の鈑金修理 コーティング ヘッドライト塗装の記事です

miyauchi-bp.hatenablog.com

 

 

 

miyauchi-oil.hatenadiary.com

 


茨城県稲敷市結佐103-1
 宮内自動車
営業日 月~土 9:00~18:00
定休日 日曜・祭日